WordPress

【完全版】Canva Pro(有料版)でできること|無料版との違いを解説

2022-02-08

【完全版】Canva Pro(有料版)でできること|無料版の違いを解説
Canva Pro(有料版)って、何ができるの?
無料版との違いを教えて!

本日はこんなお悩みにお答えします。

 

Canva(キャンバ)は、オーストラリア発のおしゃれなデザインを作成できる無料ツール

2017年に日本語版がリリースされ、今では月間5,700万人以上が利用しています。

 

無料プランでも、十分におしゃれなデザインが簡単に作れますが、頻繁にCanvaを使うようになると、「なんか効率が悪いよな…」という場面に出くわすようになります。

私もはじめは無料版を使用していましたが、いろいろ手間を感じるようになって、職場では Pro 版を導入しました。

結果、ものすごく便利です。

 

ということで、本記事では有料版「Canva Pro」について詳しく解説。

僕がPro版導入を決めた3つのポイントも含めて紹介します。

アップグレードを悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

>> さらに詳しいプロフィールはこちら

 

Canva の料金プランは3つ

まずは料金について理解しておきましょう。

Canvaで用意されている料金プランは3種類

  • 無料:0円
  • Pro:年額 12,000円
  • エンタープライズ:お問い合わせ

 

Pro版は契約期間によって料金が異なります。

  • 月単位契約:1,500円/月
  • 1年契約:12,000円(1,000円/月)

どちらも5ユーザーまで利用できます。

 

Enterprise は企業など、大人数がチームで利用する場合のプラン。

個人や5人程度の少人数で利用する場合は無料またはPro版を利用することになります。

 

Pro版は無料トライアルあり

Canva Proには30日間の無料トライアルが用意されています。

なので、まずはPro版を無料お試ししてから決めるのがおすすめ。

実際に自分が使いたい要件を満たしているのか、欲しい機能や素材があるのかを使ってみて判断するといいでしょう。

 

Canva Pro のおすすめポイント3つ

さて、ここからはPro版の機能について解説します。

Canva Proには、無料版にはない機能がたくさんありますが、その中で私がPro版導入を決めたポイントは3つ。

  1. テンプレ数が42万点以上に
  2. マジックリサイズが便利
  3. 使える素材とフォントが大幅アップ

順番に解説します。

 

テンプレ数が42万点以上に

Canva Proにはプレミアムテンプレートが用意されており、有料版でのみ利用可能

無料会員が使えるテンプレートは25万点ほどに対して、Canva Proになると42万点以上に増えます。

しかも毎日新しいものが追加されるとのこと。

 

約6割がCanva Pro用のテンプレートと考えると、「あ!これいいな。…なんだ有料か」みたいな機会が多くて、かえって無料のテンプレートを探す方が地味に時間を消耗します。

 

マジックリサイズが便利

マジックリサイズとは、ワンクリックでリサイズできる機能のこと。

 

  • Instagram の投稿用データをストーリー用の縦長画像に変換する
  • Facebook投稿をPinterest用に変換する

上記のような作業も、ワンクリックで行えます。

 

サイズ変更は地味に時間がかかるので、これは嬉しい機能です。

また、マジックリサイズを使うと別のテンプレートが流用できます。

 

チラシから名刺を作ることも可能

別記事で「ヨガインストラクターのための名刺の作り方」を紹介していますが、この際に不便だったのが「ヨガ関連の名刺サイズのテンプレートが少ない」こと。

≫【最安】ヨガインストラクター名刺の作り方【Canvaでデザイン、ラクスルで印刷】

 

例えば、「ヨガ教室の名刺」で探すと81件がヒットしました。

ただ、名刺に限定せずに、テンプレート全体から「ヨガ関連のテンプレート」を検索すると、4,356件がヒットしました。

この中から好みのデザインを選んで「マジックリサイズ」を使えば、あとは微調整を行うだけで効率的にデザインを組むことができます。

 

使える素材とフォントが大幅アップ

テンプレートの他にも、Canva Proには 7,500万を超える素材が使い放題で用意されています。

素材には写真、イラストの他に動画や音声もあります。

無料版の音声が75本なのに対して、Canva Proだと25,000以上

Canva Proは簡単な動画編集もできるので、かなり便利です。

 

また、Canva Proで利用できるフォントは 3000種類以上

今までは個別にフォントを購入したり、手動でパソコンにインストールしたりする必要がありましたが、Canva Proならそんな手間、必要ありません。

 

その他、Canva Proならではの機能9つ

Canva Proには他にもたくさんの機能が使えるようになります。

既出のものも含めて機能を以下の9つにまとめました。

  1. テンプレ数が42万点以上に
  2. マジックリサイズが便利
  3. 使える素材とフォントが大幅アップ

  4. データが100GBまで保存できる
    ⇒ 無料会員の場合は5GBまで
  5. フォルダを無制限に作成できる
    ⇒ デザインをカテゴリや案件で整理できる
  6. 写真の加工機能がアップ
    ⇒ ワンクリックで背景を削除することも可能。かなり精度が高いです。
  7. オリジナルテンプレートを共有できる
    ⇒ チームを組んで同時編集、といった使い方もできます。
  8. 過去の編集データに戻せる
    ⇒ 過去のバージョンのデザインに復元することができます。
  9. コンテンツプランナーでSNS投稿を一括管理
    ⇒ SNSの予約投稿ができるので、作りおき&放置でも時間がくれば勝手に公開してくれます。
    ※Instagram の場合、複数枚投稿には未対応

実に多彩です。

 

利用頻度が多いならおすすめ

まとめです。

Canva は無料でも利用できますが、Pro 版になるとさらに便利になります。

 

中でも便利なポイントは以下の3つ。

ポイント

  • テンプレ数が42万点以上に
  • マジックリサイズが便利
  • 使える素材とフォントが大幅アップ

 

また、Pro版の利用料金は契約期間によって2種類あります。

ポイント

  • 月単位契約:1,500円/月
  • 1年契約:12,000円(1,000円/月)

 

月々1000円といえど、余計なコストはかけたくないものですが、制作物の作成頻度が高いなら料金に見合うだけの内容は備わっていると思います。

無料体験も用意されているので、まずは試しに使ってみて、判断するといいでしょう。

≫ Canvaにアクセスして、会員登録する

 

最後に、おまけとして無料で試した後の解約方法についてお伝えします。

イマイチ満足できなかった場合に、参考にしてください。

≫ Canvaの解約方法についてはこちら

 

本日は以上です。

  • この記事を書いた人
ucozi

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-WordPress
-

Copyright © ucozi.com , All Rights Reserved.