※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ヨガインストラクター

働けなくなった時の収入減どうする?|フリーランス向け所得補償保険

働けなくなった時の収入減どうする?|フリーランス向け所得補償保険
もし、病気やケガで働けなくなったら、その間の収入減をどうやってカバーしよう…。感染症のリスクも常にあるし、心配です。

本日はこんなお悩みにお答えします。

 

フリーランスや個人事業主が抱える将来的な不安のひとつに、病気やケガで働けなくなった際の「経済的な不安」があります。

多くの人が加入している「医療保険」は、病気やケガによる入院や治療にかかった費用をまかなう保険。働けなくなったことによる「収入減」や「生活費」の保障はありません。

 

こうしたリスクに備えるために「所得補償保険」というものがあります。

ということで、本記事ではフリーランスの「もしも」に備える「所得補償保険」について解説します。

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

>> さらに詳しいプロフィールはこちら

 

 参 考 フリーランスの就業不能時の出費をまかなう保険

 

個人事業主・フリーランスに「所得補償保険」をおすすめする理由

個人事業主・フリーランスに「所得補償保険」をおすすめする理由

個人事業主やフリーランスに保険が必要な理由は、ずばり

「傷病手当金が受給できない」から。

個人事業主やフリーランスが加入する国民健康保険には、残念ながら「傷病手当金」がありません

 

傷病手当金とは?

「傷病手当金」とは、病気やケガを理由に連続して4日以上働けなくなった場合に、平均収入の最大3分の2が支給される、公的医療保険制度の手当のこと。

会社員の場合は、傷病手当金によってある程度収入減をカバーできます。しかし、個人事業主やフリーランスはこの制度を利用できないため、貯蓄や保険でカバーするしかありません。

 

働けない時の収入減をカバーするのが「所得補償保険」

働けない時の収入減をカバーするのが「所得補償保険」

「所得補償保険」は収入減をカバーする保険。死亡や高度障害といったものでなくとも、普通の病気やケガで「就業が不可能」とみなされれば保険金が受け取れます

また、生命保険料控除の対象にもなっていますので、支払った保険料に応じて所得税や住民税が減額されます。

 

所得補償保険を選ぶ際のポイント3つ

所得補償保険を選ぶ際のポイント3つ

所得補償保険を選ぶ際の注意点は3つ。これを知らないと、いざという時に給付金を受け取れない、なんてことになります。

  1. 「働けない期間」が設定されている
  2. 精神疾患は対象外となる場合も
  3. 新型コロナウイルスも補償の対象に

それぞれ、詳しく解説します。

 

ポイント①「働けない期間」が設けられている

所得補償保険には「支払対象外期間」、つまり「働けない期間」が設けられています

この期間を超えて「就業不可能」な状態でないと、支払対象となりません。

 

例えば、支払対象外期間が60日と設定されていれば、病気やケガで仕事ができなかった期間が61日以上ないと給付金は受けられません。

支払対象外期間は保険会社によって異なりますが、

  • 180日
  • 60日
  • 30日
  • 10日
  • なし

のいずれかのパターンが多いです。必ず事前に確認するようにしましょう。

 

ポイント② 精神疾患は対象外となる場合も

これも保険会社によって異なりますが、精神疾患は対象外となる場合があります

 

精神疾患には、以下のようなものが含まれます。

うつ病、躁病、統合失調症等の精神病やパニック障害、適応障害等の神経症、アルコール・薬物依存症など

この辺りは、含まれるか含まれないかで保険料も変わってきますので、よくよく検討して決めましょう。

 

ポイント③ 新型コロナウイルスも補償の対象に

これまた保険会社によって異なりますが、「新型コロナウイルス感染症」も補償対象としている保険があります

コロナウイルス感染症により入院し、就業不能となった場合はもちろんですが、医師の指示により自宅で療養した場合も入院したものとして取り扱われ、保険金が支払われます

 

フリーナンス「あんしん補償プラス」はおすすめ

フリーナンス「あんしん補償プラス」はおすすめ

 

「保険の必要性は分かったけど、具体的にどんな保険があるの?」

 

という人のために、フリーナンスの「あんしん補償プラス」(所得補償)というサービスを紹介して終わります。

このサービス、僕的にはすごいおすすめなので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

「あんしん補償プラス」がおすすめな理由3選

あんしん補償プラスをおすすめする理由は、以下の3点です。

  1. 保険料が安い(6割安い)
  2. 支払対象外期間が7日間と短い
  3. 新型コロナウイルスも対象

 

フリーナンスの「あんしん補償プラス」に加入するには、「一般社団法人フリーナンスAWS協会」という団体に加入する必要があります(年会費3000円)

でも、そのおかげで、個人加入と比べて約60%の団体割引が適用されるので、トータルでみても、他社の保険よりお得に加入することができます

 

「あんしん補償プラス」について詳しく知りたい方は、以下の公式サイトをチェックしてみてください。

≫ フリーランスのための所得補償「あんしん補償プラス」

 

まとめ

本記事では病気やケガで働けない時の「もしも」に備える保険、「所得補償保険」について紹介しました。

 

どんなに健康や安全に気をつけていても、突発的な事故や病気に遭遇してしまう可能性はあります。

フリーランスにとって、「就業不能になっても、一定の補償が入ってくる」という安心感を手に入れことは、精神的にも非常に大きいと思いますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

本日は以上です。

この記事がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

当ブログ限定【招待コード】利用で現金1000円プレゼント

フリーナンスには「すごい!友達招待プログラム」という紹介制度があります。

お申し込みのタイミングで本ブログ専用の招待コードを入力すると、フリーナンスからあなたに現金1000円分がプレゼントされますので、ぜひ活用してください。

 

本ブログ限定の招待コードは
「3M2A2g」です。
うこじ
うこじ

こちらもチェック!


 

  • この記事を書いた人
この記事を書いた人

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-ヨガインストラクター
-, ,