ヨガスクールの中の人が教える、ブログのつくり方

SEO

SEOキーワード選定の方法【初心者はこれだけでOK】

2021-05-24

SEOキーワード選定の方法【初心者はこれだけでOK】

キーワード選定ってナニ?キーワードを選ぶってどういうこと?SEOを意識するって何なの?

実際にキーワード選定する方法を、ブログ初心者にも分かるように教えて!

本日はこんなお悩みにお答えします。

 

本記事で分かること

  • なぜキーワード選定が重要なのかが分かる
  • 具体的なキーワード選定の方法が分かる
  • おすすめの無料ツールが分かる

 

  • 質の高い記事を書くこと
  • 見た目を読みやすくすること
  • 滞在時間を長くする
  • 離脱ポイントを改善する

なと、ブログでは重要なポイントがいくつもありますが、ブログ集客するなら「キーワード選定」が最も重要なスキルになります。

 

本記事では、「なぜ、キーワード選定をやらないといけないの?」という基本と、初心者におすすめの「具体的なキーワード選定の方法」をご紹介します

 

キーワード選定はセンスではなく、スキル

誰にでも身につけることができます。

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi うこじ(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

 

キーワード選定が重要な理由

まずはじめに、キーワード選定がなぜ重要かについて解説します。それは、

 

キーワード選定をしてないと、あなたの記事が読まれることはないからです

ブログにたくさんの読者を呼び込みたいなら、主な経路は「検索エンジン」になります。

 

検索エンジンとはGoogleやYahoo!のこと。どんなに質の高い記事を書いても、検索エンジンの上位に表示されなければ、あなたの記事が読まれることはありません。

うこじ

 

キーワード選定はSEO対策のこと

「キーワード選定」とは、SEO施策を行う「単語」や「文章」を選ぶことです

 

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンン最適化」を意味し、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索結果の上位にあなたのブログを表示させるための施策。適切なキーワード選定は、非常に重要な工程です

と言われても、ちょっと難しいですね。

 

検索した人のモヤモヤワードを選定しよう

もう少し分かりやすいように解説します。

そもそもなぜ、キーワード選定なんてめんどくさいことをしなきゃいけないかというと、Googleで検索する人の頭の中は「モヤモヤした状態」で検索しているからです。

 

例えばダイエットに興味がある人は、「ダイエット 方法」などのキーワードを入力して、悩みを解決してくれそうな記事を探します。

さらにファスティングという方法でダイエットしようとしたら「ダイエット ファスティング 方法」で調べるかもしれません。

 

このように検索する人のモヤモヤした検索ワードを特定し、タイトルや記事にキーワードを盛り込んであげます。こうすることでSEO評価は高まり、「ファスティングダイエット」を調べた時の検索結果で上位に表示されるようになります。

 

キーワード選定ツールはこれだけでOK

キーワード選定はブログ運営においてとても大事。なので、有料・無料合わせて色々なツールがありますが、初心者は以下の2つのツールだけでOKです

 

キーワード選定おすすめツール

 

初心者のうちからいろいろなツールを組み合わせてもいいですが、それぞれのツールの使い方を覚えるのも大変なので、まずは選択と集中でいいと思います。
うこじ

 

Googleサジェスト

「Googleサジェスト」とは、Googleの検索窓にキーワードを入力した時に表示される「候補キーワード」を表示する機能のこと

過去の検索データをもとに、Googleのアルゴリズムが先読みして提示してくれます。この機能を使えば、検索頻度の高いキーワードを抽出することができます。

 

具体的な使い方については、後半で解説します。
うこじ

 

aramakijake(アラマキジャケ)

「aramakijake」はGoogleとYahoo!の検索ボリュームを調べられる無料ツールです。検索ボリュームとは、「その単語が1ヶ月にどのくらい調べられたか?」を知るためのもの。

検索ボリュームを調べる方法は他にもたくさんありますが、無料でかつ簡単に、しかも回数制限などもないのでおすすめです。

 

キーワード選定の方法5ステップ

これより、キーワード選定の具体的なステップを解説します。大きくは以下の5ステップです。

 

キーワード選定の5ステップ

  1. 軸となるキーワードを決める
  2. Googleサジェストで深掘りする
  3. 検索ボリュームをチェックする
  4. 競合サイトをチェック
  5. キーワードを決定する

 

順番に深掘りしていきます。

 

軸となるキーワードを決める

まずは軸となるキーワードを決めます。先程の例だと「ダイエット」となります。これをGoogleの検索窓に入力します。

「ダイエット」はビッグワードと呼ばれ、検索ボリュームが多いワード。競合も多いので、ここから深堀作業(複合ワード探し)が必要です。

 

ビッグワードとスモールワード

キーワードは、検索ボリュームに応じて、かっビッグキーワード」と「スモールキーワード」に分類されます。

  • ビッグワード ⇒ 10,000以上
  • スモールワード ⇒ 10,000未満

 

スモールキーワードは検索ボリュームが少ない反面、ユーザーの検索意図が明確で、記事を作成しやすくなります

初心者はスモールキーワード、特に始めたばかりの新米さんは、1,000未満のキーワードを狙うのがおすすめです。

 

スモールワードを狙うといっても、検索ボリュームがまったくないキーワードは避けましょう。
うこじ

 

Googleサジェストで深掘りする

軸となるキーワードをGoogleの検索窓に入力したら、「スペースキー」を入力します。すると、複合キーワードが表示されるので、メモしましょう。

さらに、「ダイエット」一語だけで検索を実行すると、最下部に「関連キーワード」が表示されます。こちらもメモしておきましょう。

 

Googleサジェストでは、ユーザー自身が過去に検索したキーワードも最大3つまで表示されます。もし、自分が検索したキーワード以外の候補ワードが表示されてない場合は、キーワード候補の右隣にある【削除】リンクをクリックすることで、履歴を削除できます。
うこじ

 

検索ボリュームをチェックする

先程メモしたキーワードを、それぞれの検索ボリュームを「aramakijake」でチェックします。

やり方は簡単、「aramakijake」の検索窓にキーワードを入力して「チェック」をクリックすれば、結果が表示されます

サンプルでは「ダイエット 食事」の検索ボリュームを調べてみました。

 

「ダイエット 食事」の検索ボリューム

  • Yahoo! ⇒ 49,200
  • Google ⇒ 196,800

 

合計で246,000なので、まだまだビッグワードですね。検索ボリュームが多い時は、再度、Googleサジェストで3語目を、さらに多い場合は4語目のキーワードを見つけましょう

 

例えば、「ダイエット 食事 コンビニ セブンイレブン」といった具合。検索ボリュームは合計で30です。

ここまでくると、検索ボリュームは少ないですが、ユーザーが何を求めて探しているかがかなり具体的になります。

 

検索ボリュームが少ないキーワードは、より検索ニーズが具体的になるので、ユーザーが求める質の高い記事が書きやすくなります。
うこじ

 

競合サイトをチェック

キーワードを絞り込んだら、再度、Googleで検索してみましょう。検索結果で1ページ目に表示されたサイトが、競合サイトとなります。

 

チェックして欲しいのは、ブログの運営者。上位記事の運営者が企業が運営するサイトばかりの場合は、資本力という点で分が悪いかもなので、別のキーワードを探しましょう。

 

キーワードを決定する

スモールワードで競合性の低いキーワードを見つけたら、いよいよキーワードの決定です。

キーワードからユーザーの検索意図を想像して、ユーザーの悩みを解決する記事を書きましょう

 

まとめ|キーワードを選定したら、さっさと記事を書こう

いかがでしたでしょうか?

本記事ではSEOを意識したキーワード選定の方法について解説しました。

 

たかがキーワード選定とあなどってはいけません。キーワード選定を制するものはSEOを制すると言われ、非常に奥深い工程です。キーワード選定がきちんとできなければ、成果を出すことは絶対にありません。

 

とはいえ、キーワード選定はあくまで「コンテンツ制作」のための最初の一歩。ブログにおいては質の高い記事も重要なので、キーワード選定が終わったらさっさとコンテンツ制作に着手しましょう

 

本日は以上です。

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
ucozi

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-SEO
-, , ,

Copyright © ucozi.com , All Rights Reserved.