ヨガインストラクター

「資格のミカタ」を考察|先行者利益を目指すなら今がチャンス

2022-03-06

「資格のミカタ」を考察|先行者利益を目指すなら今がチャンス
「資格のミカタ」というサービスが気になります。詳しく教えてほしいな。

本日はこんなお悩みにお答えします。

 

今回紹介するのは、取得した資格で人の悩みを解決する副業サイト「資格のミカタ」です。

「資格のミカタ」では現在、資格を活かしてお悩み相談&アドバイスをしてくれる有資格者を募集しています。

 

とはいえ、Googleで検索してもあまりヒットしないのが現状。そこで、この「資格のミカタ」について深掘りしてみました。

結論を先にお伝えすると「まずは登録して、しばらく様子を探ってみるのもアリ」かと思います。

資格を活かして収入UPを目指したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

\ 資格のミカタの詳細はこちら /

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

>> さらに詳しいプロフィールはこちら

 

「資格のミカタ」とは?

「資格のミカタ」とは?

※画像引用:「資格のミカタ」公式サイト

 

「資格のミカタ」を簡単に説明すると、人の悩みを解決するサイト

例えば、お金の悩みはファイナンシャルプランナーが、心の悩みは心理カウンセラーが解決、といった具合です。

取得した資格を活かしたい、という有資格者に向けたプラットフォームです。

 

プラットフォームって?

プラットフォームって、ナニ?

 

プラットフォームとは「舞台・壇上」を意味し、英語では「platform」と書きます。

プラットフォームにはいろいろな解釈がありますが、今回の場合はオンラインサービスを提供するシステムやアプリ・音楽・動画の配信サイトなどを意味しています。

 

Amazon.co.jpや楽天市場のような巨大ECサイトも、プラットフォームです。
うこじ

 

プラットフォームを利用するメリット

プラットフォームを利用するメリットは、以下の3つです。

  1. 集客力が期待できる
    利用者数の多いプラットフォームなら、集客力が期待できます。
  2. 時間が削減できる
    集客が安定するまでの時間を、圧倒的に短縮できます。
  3. コストが削減できる
    独自にシステムを構築しようとすると、ショッピングカートや予約システム、決済システムなど、見えないところで諸々の費用がかかります。

ビジネスを立ち上げたばかりの頃は積極的に活用し、徐々に自分のサイトに移行するとよいです。

 

いいことばっかりだね。
デメリットもあるよ。
うこじ

 

デメリットもある

プラットフォームに頼ることは、反対にリスクもあります。

  1. 集客力がないと時間と労力がムダになる
  2. サービス提供者が多いと、常に比較される
  3. 突然、サービスが終了することがある

プラットフォームを利用すると比較的ラクに始められる一方、メリット・デメリットをキッチリ把握しないと時間と労力がムダになるので、注意が必要です。

 

ムダになるのは嫌だな。
ムダと考えるか、投資と考えるか。
考え方の違いだね。
うこじ

 

「資格のミカタ」はMOSHに似てる

「資格のミカタ」は、MOSH(モッシュ)に似ています

 

MOSH(モッシュ)を簡単に説明すると「無料で使えるオンライン販売サービス」。「予約機能」や「決済機能」がついており、フリーランスが活動するのに必要な機能を網羅しています。

形のある商品をオンラインで販売するなら、TVCMでも話題の「BASE」や「STORES」などが有名ですが、MOSH(モッシュ)は、これの「形のないサービスを販売するためのもの」とイメージしてもらえば分かりやすいです。

 

この間知り合ったヨガインストラクターもMOSH(モッシュ)使ってた!
MOSH(モッシュ)はフリーのヨガインストラクターの中で、今、最も注目されているサービスだよ。
うこじ

 

MOSHは4年で急成長

MOSH(モッシュ)は2022年2月時点で、ヨガインストラクターをはじめ、4万人を超えるサービス提供者が登録しています。

ひとつの提供者に10人のお客さんがついていたとしたら、MOSH(モッシュ)を利用するお客さんは40万人超

つまり、MOSH(モッシュ)というプラットフォームを利用することで、40万人のお客さまにリーチできる可能性があるということです。

 

MOSH(モッシュ)について知りたい方は、以下の記事でまとめています。

≫ MOSH(モッシュ)とは?【フリーヨガインストラクター必見です】

 

MOSH(モッシュ)についても興味ある!

 

「資格のミカタ」は、ひとまず登録がおすすめ

冒頭でも述べましたが、「まずは登録して、しばらく様子を探ってみる」がいいと思います。

理由は「先行者利益」が期待できるから。新しいサービスでは、発信者は恩恵を受けやすくなっています。

 

会員登録だけなら無料。サービスを出品する際に登録料&年会費(3,000円)と売れた時の販売手数料(30%)が発生します。
うこじ
お金、かかるのか。

 

先行者はポジションを確立しやすい

先行者利益について、もう少し深堀りしてみましょう。「資格のミカタ」の視点で考えるとイメージしやすいかもです。

プラットフォームには3つの立場があります。

  1. プラットフォーマー(資格のミカタ)
  2. コンテンツ提供者(あなた)
  3. 普通のユーザー(お客さま)

 

生まれたばかりのサービスは、ユーザーが少ないです。そのため、サービスを成長させるために、プラットフォーマーはコンテンツ提供者(あなた)に「良いコンテンツをたくさん提供してもらおう」と働きかけます

とはいえ、ユーザーが少ないのでプラットフォーマーは立場が弱い。なので、どうにかしてコンテンツ提供者を優遇します

例えば、イベントを開催してスピーカーとして登壇させたり、ランキングを作って上位表示させたり、成功者として取材記事を載せてくれたりと、コンテンツ提供者の権威性を高めてくれる活動を後押ししてくれます。

これこそが、「先行者利益」です。有望な新サービスにいち早く参入し、その中で名をあげるのは、効果的な作戦といえます。

 

プラットフォーマーがサービスを活性化させるために提供者を優遇するのは「初期」だけ。なので、何よりスピードが大事。
うこじ
投資と考えると、サイアク損するのは「3,000円」だけで済むのね。

 

「資格のミカタ」登録方法

「資格のミカタ」の登録手順についても紹介しておきましょう。以下の6ステップです。

 

step
1
トップページにアクセス

≫「資格のミカタ」にアクセス

 

step
2
「無料会員登録はこちら」をクリック

「無料会員登録はこちら」をクリック  

 

step
3
「サインアップ」をクリック

サインアップをクリック

 

step
4
「資格JOB会員」をクリック

資格JOB会員をクリック

 

step
5
必要情報を入力して「登録」

 

step
6
完了

完了

 

登録だけならカンタンだね。
サービスを提供する場合は、この後「アップグレード」から登録料&年会費の「3,000円」を支払います。
うこじ

 

可能性に投資するならサービスも出品してみよう

本記事のまとめです。

「資格のミカタ」は新しく生まれたサービスで、持っている資格を活かして収入UPを目指したい人のためのプラットフォームです。

ただ、新しすぎるために現在の利用者数などは不明。しかしながら、MOSH(モッシュ)のように大化けする可能性もあります。

 

生まれたばかりのサービスでは、先行者は利益を最大化させやすい特徴があることから、「チャレンジしてみる」という考え方もアリだと思います。

会員登録だけなら無料。サービスを出品する際に登録料&年会費(3,000円)と売れた時の販売手数料(30%)が発生します。

 

気になる方は、公式サイトでより詳しい情報をチェックしてみてください。

≫「資格のミカタ」で先行者利益を狙うなら、今がチャンス

 

本日は以上です。

この記事がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

\ 資格のミカタの詳細はこちら /

 

  • この記事を書いた人
ucozi

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-ヨガインストラクター
-

Copyright © ucozi.com , All Rights Reserved.