WordPress

個人サイトに向いているWordPressサーバーの選び方|本当のおすすめは4社

2022-11-24

個人サイトに向いているWordPressサーバーの選び方|本当のおすすめは4社
個人サイトにおすすめの WordPress サーバーを教えて!

本記事ではこんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 初心者がレンタルサーバーを選ぶ際のポイント
  • おすすめレンタルサーバー4社
  • それでも絞り込めない時に使える裏技

 

WordPressを用いて個人サイトを作ろうと思ったら、レンタルサーバーを契約する必要があります。

でも、初心者にとっては一体どれを選べばいいのかわからず、迷ってしまう人も多いでしょう。

 

実はレンタルサーバー会社は国内だけでも100社以上あり、競争が激しい業界なので、同じ価格帯であればそこまで大きな差はありません

新しい技術が導入されたとしても、少し時間が経てば同じような技術が導入されて、その差はすぐに埋まります。

 

なので、初心者がレンタルサーバーを選ぶ際に注目すべき点は、スペックよりも以下の3点です。

  • クイックスタートがある
  • 利用者が多い(情報が多い)
  • 長く使える

 

本記事では、上記基準を満たした「おすすめレンタルサーバー」を4つ紹介しますので、ぜひ、参考にしてもらえたらと思います。

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

>> さらに詳しいプロフィールはこちら

 

初心者がレンタルサーバーを選ぶポイントは3つ

初心者がレンタルサーバーを選ぶポイントは3つ

冒頭でも述べましたが、知識を持たない初心者がレンタルサーバーを選ぶ際に本当に大事にすべきことは、以下の3点です。

  1. クイックスタートがある
  2. 利用者が多い(情報が多い)
  3. プラン変更ができる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

① クイックスタートがある

初心者は「WordPressクイックスタート」機能のあるサーバーを選ぶのがおすすめ。

この機能はWordPressのインストールに必要な設定をサーバー側で行ってくれるサービスです。

 

個人サイトを立ち上げる際に、初心者が最初につまずくのがWordPressのインストールですが、「クイックスタート」機能を使えば、数時間かかる作業も10分程度で終えることができます。

 

クイックスタートを使えば、簡単にブログを開始できます。
うこじ
それは便利だね!

 

② 利用者が多い(情報が多い)

初心者は利用者の多いレンタルサーバーを利用するのがおすすめ。

利用者が多いということは、それだけ情報も多いからです。

 

個人サイトを運営していれば、いずれはトラブルが発生します。

そんな時、利用者が多いサーバーほど、関連情報がネットでヒットしやすいもの。

逆に利用者の少ないサーバーだと、解決の糸口を見つけるまでに相当苦労します。

 

レンタルサーバーにも問い合わせ窓口があるけど、レスポンスまでに時間がかかるから、ネットで探せるって大事なポイントだよ。
うこじ
問い合わせ窓口に連絡するのって、どう伝えてよいかも分からないし、何より面倒だよね。

 

③ プラン変更ができる

もし、安いプランのレンタルサーバーを選ぶなら「プラン変更」が簡単にできるサーバーを選びましょう。

「最初のうちは安いサーバーでいいや」

と安易に決めてしまうと、後々後悔することになるので注意が必要。

 

やってみると分かりますが、WordPressのサーバー移行は中々めんどくさいです。

なので、安いプランを選んだとしても同じサーバー会社でプラン変更が簡単にできるものを選びましょう。

 

サーバー移行を業者に頼むこともできますが、多い場合で10万円程度のコストがかかります。

 

もし、サーバー移転するようなことがあるなら、専門の業者さんに頼むのが安心です。

≫ WordPress専門のサーバー移転代行『サイト引越し屋さん』

うこじ
10万とか払いたくないので、サーバー選びは慎重にやります。

 

初心者におすすめのレンタルサーバーは4つだけ

初心者におすすめのレンタルサーバーは4つだけ

大企業などと違い、個人のサイトであれば一日のアクセスはしれたもの。

なので過度に高性能なプランを選ぶ必要はありません。

 

おすすめは以下の4つ。

  1. ConoHa WING
    (国内最速)
  2. mixhost
    (満足度評価No.1)
  3. エックスサーバー
    (国内シェアNo.1、サーバー速度No.1)
  4. ロリポップ
    (国内シェアNo.1)

 

各社でNo.1を謳っているので、正直どれが1番かを判断するのは玄人でも難しいです。

でも反対にこの4社から選べば、どれもハズレはありません

ということで、各社の特徴について見てみましょう。

 

これから紹介する金額は「12ヶ月契約」で「キャンペーンなどの値引きなし」の料金です。
うこじ
キャンペーン価格だと比較しにくいもんね。

 

ConoHa WING(国内最速)

ConoHa WING(国内最速)

ConoHa WING(コノハ ウィング)は、国内最速の表示速度を誇るレンタルサーバー。

 

特徴は以下の3つ。

  • サイト表示速度が速い
  • トラブルが少なく安定している
  • ドメインが2つが無料で利用可能

 

サイトの表示速度が速いとGoogleからの評価が高まるため、検索した検索結果で上の方に表示されやすくなります

すると、サイトに訪れるお客さんが増える可能性が高まります。

 

また、ConoHa WINGはトラブルも少なく、安定しているのも評価が高いです。

加えて「.com」や「.net」など20種類のドメインの中から最大2つが無料で利用できるので、ドメイン代を抑えることができます。

 

おすすめプラン

ベーシックプラン

  • 年間費用:15,840円
    (1ヶ月あたり1,320円)
  • SSD:300GB

 

ConoHa WING(コノハ ウィング)は最近、人気急上昇のレンタルサーバーです。
うこじ
確かに、いろんなサイトでよく目にするね。

 

mixhost(満足度評価No.1)

mixhost(満足度評価No.1)

mixhost(ミックスホスト)は、アフィリエイターから人気のあるサーバー。

 

特徴は以下の3つ。

  • アダルトサイトもOK
  • 「Lite Speed」採用
  • 14日間のデータ自動バックアップ

 

2021年におこなわれた第三者機関による調査において、

  • アフィリエイター・ブロガー満足度No.1
  • 表示スピードNo.1
  • アクセス処理速度No.1

3冠に輝いた高性能レンタルサーバーです。

 

最近、値上げしたので他のサーバーよりもやや割高となっていますが、アダルトサイトでも利用できるのは他にはないポイント。

 

アダルトサイトといっても線引きは曖昧。

露骨な性描写を表現していなくても、アダルト要素のあるゲームを紹介したり、水着の写真が掲載されているだけでNGとなる場合もあるので注意が必要です。

その辺りの懸念がある人なら、mixhost はおすすめ。

 

おすすめプラン

スタンダードプラン

  • 年間費用:19,800円
    (1ヶ月あたり1,650円)
  • SSD:300GB

 

アダルトサイトNGのレンタルサーバーでアダルトサイトを運営していると、規約違反となり、最悪サイトが閉鎖させられます。
うこじ
ヨガと性エネルギーって、割と深い関係にあるから、注意が必要かもね。

 

エックスサーバー(国内シェアNo.1、サーバー速度No.1)

エックスサーバー(国内シェアNo.1、サーバー速度No.1)

国内シェア No.1 を誇るのが、「エックスサーバー」。

 

特徴は以下の3つ。

  • とにかく利用者が多い
  • 「KUSANAGI」技術を採用
  • 大量アクセスにも強い

 

多くのネットビジネスオーナーからの支持を得ている本格派のサーバーです。

トラブルが起きてもネットで検索すれば、ほぼ自己解決できます。

 

プランは全部で3つありますが、個人サイトなら「X10プラン」を選べば十分

世界最速クラスと評される人気の高速環境「KUSANAGI」の技術を導入し、大量アクセスが起きても高速に処理できる環境を整えています。

 

おすすめプラン

スタンダードプラン

  • 年間費用:13,200円
    (1ヶ月あたり1,100円)
  • SSD:300GB

 

最近、初期費用も無料になったし、本当に利用者が多いから安心して使えるよ。
うこじ
ホームページ運用歴が長い人は、みんなエックスサーバーを使っているイメージがあるよね。

 

ロリポップ(国内シェアNo.1)

ロリポップ(国内シェアNo.1)

200万サイト以上の利用実績があるロリポップ。

 

特徴は以下の3つ。

  • 4つの中でコスパ抜群
  • 「Lite Speed」採用
  • 10日間の無料お試し期間あり

 

ロリポップには5つのプランがありますが、おすすめは「ハイスピード」プラン

「ハイスピード」以上のプランでは、サーバーの速度が速い「LiteSpeed」という最先端の技術を採用しています。

 

また、ハイスピードプランにはWordPressの簡単インストール機能がついているので、初心者にも安心です。

 

おすすめプラン

ハイスピードプラン

  • 年間費用:9,900円
    (1ヶ月あたり825円)
  • SSD:400GB

 

ロリポップは月額99円から使えるプランがありますが、ハイスピードプラン以上がおすすめです。
うこじ
そのプランでも4社で比べると一番安いね。

 

レンタルサーバーのキャンペーンには注意が必要

レンタルサーバーのキャンペーンには注意が必要

レンタルサーバー会社は競争が激しいので、常にどこかの会社でキャンペーンを実施しています。

でも、ここで注意が必要

 

例えば、ConoHa WINGでは「月額493円〜」と謳っていることがありますが、これは36ヶ月契約をした場合の料金で、初月のみの適用です。

また、料金は一括前払いなので、契約期間が長いほど初期コストが高くなります

 

あと、今回紹介したレンタルサーバーはどこも「新規申し込みでドメイン無料」というサービスを提供していますが、12ヶ月プラン以上が条件だったりしますので、キャンペーン詳細はよくよく確認するようにしましょう。

 

各社、契約期間が長いほど、割引される仕組みですが、当然、途中解約できないので注意が必要。個人的には12ヶ月プランがおすすめです。
うこじ
確かに、短い期間だと割高だし、長すぎると最初に払うお金が高くなるし、1年くらいがいいかも。

 

結局、どのレンタルサーバーがおすすめ?

結局、どのレンタルサーバーがおすすめ?

「結局、どれにしたらいいの?」

と、まだ決めきれないという人には、取っておきの裏技をお伝えします。

 

それは、「アフィリエイト単価で選ぶ」という選択方法です。

アフィリエイトとは、例えばあなたがAmazonで売っている商品を紹介したことで商品が売れると、あなたに紹介料が入る仕組みです。

 

アフィリエイトの仕組みについて知りたい人は、以下の記事で詳しく解説しています。

 

レンタルサーバーは報酬額が高単価

レンタルサーバーは一度契約をしたら、わりと長い期間使われるものですので、紹介料の単価が1件あたり5,000円程度と高く設定されています

各社の報酬単価を比較して、高いところに決めるのもいいでしょう。

 

報酬額の高いレンタルサーバーと契約
⇒ あなたのサイトでその良さを紹介
⇒ その記事をみて申し込みが発生
⇒ あなたに紹介料が発生

こんな風にアフィリエイトで収入を得ることもできます。

 

ASPに登録しよう

レンタルサーバーの紹介料を確認するには、ASPと呼ばれる「アフィリエイトサービスプロバイダー」に登録する必要があります。

通常、自分のホームページを持っていないと登録を受け付けてくれませんが、「A8.net」なら審査なしで登録できます。

 

≫ A8.net に無料で会員登録してみる

 

レンタルサーバーの報酬単価って、いくらなの?
報酬単価は常に見直しがかかったり、ときどき単価アップのキャンペーンなども行われているので、実際にA8で確認してみるといいよ。
うこじ

 

まとめ

本記事のまとめです。

初心者がレンタルサーバーを選ぶ際の基準は、以下の3つ。

  • クイックスタートがある
  • 利用者が多い(情報が多い)
  • 長く使える

 

 

上記を満たしたおすすめのレンタルサーバーは、以下の4つ。

  • ConoHa WING
    (国内最速)
  • mixhost
    (満足度評価No.1)
  • エックスサーバー
    (国内シェアNo.1、サーバー速度No.1)
  • ロリポップ
    (国内シェアNo.1)

 

 

個人的なおすすめは、アフィリエイト報酬単価の高いサーバーです。

今日時点で一番高い報酬単価を知りたいなら、「A8.net」に登録して確認しましょう。

A8.net はホームページを持っていなくても審査なしで登録できます

 

本日は以上です。

この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

本ブログでは、ヨガインストラクターのためのホームページのつくり方を紹介しています

ホームページ制作はひと昔前と違い、プロに頼まなくてもわりと簡単につくることができます。

WordPressを使ったホームページを自作した場合、かかる費用は年間で16,000円程度。月々で考えると1,400円程です。

 

初期の導入費用として「有料のWordPressテーマ」というものを購入する場合は、追加で15,000~20,000円程かかりますが、必要な費用はこれだけ。

 

興味がある人は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

≫【初心者向け】ホームページ・ブログの始め方<完全ガイド>

 

  • この記事を書いた人

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-WordPress
-