ヨガスクールの中の人が教える、ブログのつくり方

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターはフリーランスでも生活できる?【運を高めれば大丈夫】

2021-07-17

ヨガインストラクターはフリーランスでも生活できる?【運を高めれば大丈夫】

フリーランスのヨガインストラクターになりたいです

ただ、「自由」「楽しそう」というイメージと引き換えに、収入が「不安定」という不安が強いです

今の会社で働き続けた未来を考えると、「この現状をなんとかして変えたい」と思うのですが、安定した収入を手放すのも怖くて、なかなか先に進めずにいます。

フリーランスのヨガインストラクターでも生活できるだけの収入を稼ぐことができますか?

本日はこんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

本記事の内容

  • そもそも会社員は収入が安定しているの?

  • 収入を安定させるために行う4つの努力

 

仕事を見つけられず収入が途絶える恐れがあるのは、たしかにフリーランスの不安な点といえます。

しかし一方で、フリーランスのヨガインストラクターとして成功し、安定した生活が送れている方も多くいます。

 

この違いは何か?

僕の答えは、「運」だと思います。

といったら元も子もないかもしれませんが、「運」は努力や工夫のしかたで最大化できると思います

 

ということで、本記事ではヨガインストラクターがフリーランスとして「安定して収入を得るための努力の方法」について解説します。

 

✔本記事を書いた人

profile

ucozi うこじ(@ucozi_ikeda

この記事を書いている私は、ヨガスクールで宣伝部長として働いています。

仕事を通じて得た情報をもとに、信頼性の高い記事をお届けしています。

 

そもそも、収入が安定している状態とは?

そもそものお話ですが、「安定した収入」とはどういう状態でしょうか?

 

「仕事が絶えず入ってくる」

上記のような状態でいることで、結果として「安定した収入」が入ってくると考えられます。

 

会社員は安定しているのか?

では、会社員なら「安定した収入」が確保されているのでしょうか?

 

実際には会社員だってリスクは存在します。

確かに、今働いている会社が存続している間は「一定額の給料」が手に入ります。

でも、それは「一定額の金額しか手に入らない状態でもある」ということ

仮に経営が悪化し、給料が減額されても自分で収入を修正することができません。

 

大事なのは、いかなる時でも「なんとかできる柔軟性」を身につけておくことが大事です。

 

フリーランスのヨガインストラクターが行うべき努力は4つ

では、「いかなる時でも、なんとかできる柔軟性」を身につけるには、どんな努力をすればよいか?

 

フリーランスのヨガインストラクターであれば、以下の4つに取り組むべきと思います。

  • スキルアップする

  • リスクに備える

  • 固定収入となる収入源を増やす

  • 自分だけのビジネスを構築する

順番に解説します。

 

スキルアップする

スキルを磨くことは、高単価の案件を獲得できる可能性が広がります。

 

例えば、「RYT500」を終了することで、ヨガインストラクター養成講座の講師としてが可能性も広がります

 

国内で最も有名なヨガインストラクターの認定制度「RYT200」は、2022年より大幅改定され、新カリキュラムへと移行します。

その改定の一つに、「リードティーチャーの引き上げ」という基準が設けられました。

 

これは何かというと、これまで「RYT200」の指導者用講座を担当するリードトレーナーは上位資格者の「E-RYT200」以上とされていました。

しかし、改正後は「E-RYT500」以上でなければ指導することができなくなります。

この「E-RYT500」になるためには、「RYT500」の課程を終了している必要があります。

 

実は、「RYT500」を終了している人の数が日本ではまだまだ少なく、各養成スクールは講師不足問題を抱えているので、「RYT500」を持っていると今後の活動の幅を広げるチャンスにつながったりします

 

ヨガ以外のスキルアップも

フリーランスとして成功するには、ヨガ以外のスキルにも長けている必要があります

 

一番使えるのは「マーケティング」スキルの向上です。

「集客」し、「顧客との信頼関係を育て」「サービスを販売」する。

マーケティングの知識を身につけることで世の中のニーズを把握し、適切な戦略を立てることができます。

 

リスクに備える

フリーランスが安定収入を確保するには複数の取引先を持つのが理想的です。

これは不測の事態によって収入が途絶えてしまうリスクを回避するためです。

 

例えば、コロナ禍では契約しているヨガスタジオが「緊急事態宣言の要請を受けて休業してしまった」というの事態が発生しました。

フリーランスなら、こうしたリスクから回避するためにも複数の取引先を持っておく必要があります。

 

固定収入となる収入源を増やす

できれば、ヨガレッスン以外の収入源も確保しましょう。

 

先程の例でいえば、コロナ禍で休業したヨガスタジオはひとつやふたつではありません。

一時は「全ての取引先のスタジオが休業してしまった」というインストラクターさんもいました。

こうしたリスクを回避するには、別の分野にチャレンジするのがおすすめ。

 

個人的には、ヨガインストラクターなら「Webライター」と相性がいいと思います。

今どきの「Webライター」には専門性が求められる傾向にあり、ヨガ資格を持ったヨガインストラクターは、それだけで希少性が高いです。

隙間時間を活用して原稿を書くことで、1記事5,000〜10,000円の収入は、普通に稼ぐことができます。

 

Webライターについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

自分だけのビジネスを構築する

ヨガインストラクターとして安定収入を得ている人の多くは、自身のビジネスを展開しています。

 

例えば、オンラインのヨガレッスン。最近では知識がなくても簡単にオンラインレッスンを提供できるようになりました。

また、レッスンだけにとどまらず、最近では講座の企画販売や、ヨガインストラクターに向けてコンサルティングを提供している人などもいます。

レッスンにしても、オンラインサロンという形式をとって展開している人も増えています。

 

オンライン化が急速に進んだことにより、以前よりも自分の顧客を見つけやすい環境にありますので、自分のビジネスを構築できれば、収入の安定につながりやすいです。

 

自分だけのビジネスを販売するなら、「MOSH」というサービスがおすすめ。

オンラインレッスンやオンラインサロンの運用に必要な決済が簡単に行えるサービスです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

 

まとめ

本日はヨガインストラクターがフリーランスとして「安定して収入を得るための努力の方法」について解説しました。

 

新型コロナウイルスの影響で社会の変化が加速している中、これからは「ヨガインストラクター」の一本の柱に頼るのは、かえってリスクだと感じはじめています。

最近では「副業」ではなく、「複業」という言葉も頻繁に聞かれるようになりました。

働き方や生き方には、人の数だけ選択肢があります。正社員でもフリーランスでも、いろいろなことにチャレンジしてみてください。

 

「フリーランスに挑戦しようかな」と思っている方は、こちらの記事もご覧ください。フリーランスになるための事前準備について解説しています。

 

本日は以上です。

本記事が、皆さまのお役に立てたら嬉しいです。

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人
ucozi

ucozi(うこじ)

ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。 本ブログは「ヨガインストラクターのためのブログの始め方」をメインテーマに、ヨガ関連情報を発信しています。

-ヨガインストラクター
-,

Copyright © ucozi.com , All Rights Reserved.